社会福祉法人同胞会DOHOグループ

精神障がい者
サポートセンター

さくら

SAKURA

生活介護事業就労継続B型事業

DO DESIGN DIVERSE BY DOHO GROUP

『地域社会で生きてゆくために』

精神障がいをもった方の日中活動をサポートしています。日中の過ごしの場として、また地域で生活するための練習場として利用できます。「地域社会で頑張って生活してみたい、生活していこう」という方々といっしょに、成功や失敗を経験しながら、ともに生き成長していきたいと思います。

一日の流れ

  • 9:00頃

    オープン希望者は仕事開始

  • 10:15

    休憩

  • 10:30

    日中活動希望者は仕事開始

  • 12:15

    お昼休憩*希望者には給食を
    ご用意します。詳細はこちら

  • 13:20

    日中活動希望者は仕事開始

  • 14:30

    片付け・そうじ終礼のあと帰宅

  • 15:00

    クローズ

イベント旅行(年に1回程度)、クリスマス会、新年会、お楽しみイベント(月に1回程度)など

日中の過ごし方

【さくらには、ぷくとコノミという2つの過ごす部屋があります】

  • ぷく

    基本的な能力を
    高めてゆくお部屋

    ぷくでは、読書(持参した本や部屋にある漫画、雑誌など)、持参したゲームや部屋にあるトランプ、UNO、ぬり絵、脳トレシートなどをして過ごします。

  • コノミ

    就労に向けて仕事を
    しっかりするお部屋

    コノミでは、内職(箱折り、検品など)、自主製品づくり(さくらオリジナルグッズ)ができます。また、常識やコミュニケーションに関するプログラムを行うことがあります。

大切にしていること

  • 01さくらは失敗してもいいところです。
  • 02失敗して得られることはたくさんあります。
  • 03いろんなことに挑戦してさまざまな経験をしてほしいと思っています。

サービス概要

定員 20名(随時ご相談ください)
対象者 18歳以上の、主に精神障がいを持たれている方
開所日 月曜から土曜日(事業所カレンダーに準じます)
定休日 日曜・祝日(ゴールデンウィーク・お盆休み・年末年始など事業所カレンダーに準じます)
支援時間 9時~15時(ただし、半日開所日は13時まで)
必要なもの 障がい福祉サービス受給者証
利用料 ご利用料金はご家庭によって異なります(受給者証に記載)
*詳細はお問い合わせください
お昼ごはんについて お弁当持参・近くのコンビニで購入・給食を注文 どちらでも大丈夫です
DOHOグループの給食については、こちらをご参照ください

スタッフ紹介

staff_miyanishi

支援員宮西秀一

  • 入社/2016年
  • 趣味/映画鑑賞・旅行
  • 好きな食べ物/パエリア

VOICE挑戦してみたいけれど不安なことはたくさんあると思います。それは私たち職員も同じです。そんなときは、一緒に意見を出し合いながら考えていきます。さくらでは、自分でできることは自分で行います。困ったときには一緒に考え、行動し、経験します。もし失敗したとしてもそれがいい経験になり次に活かすことができます。失敗を恐れるのではなく、ともに考え色んな経験をしてもえる場にしていきたいと思っています。

SCROLL