サービスのご紹介

相談支援部

作業の趣旨

① 同胞の家内の様々なサービス(就労移行、就労継続、生活介護、日中一時、居宅支援、自立訓練)を利用される利用者がより快適により安定した状態でサービスを利用していただけるように調整していきます。
② 居宅部、支援部の現場職員とも連携し様々な視点で利用者、職員のサポートをしていきます。

主な業務内容

■利用者受け入れ・相談業務

・こんなときお気軽にご相談下さい

【利用される前の方】
同胞の家を利用したいけど、手続きの仕方がよくわからない
とりあえず一度見学にいってみたい。体験してみたい・・・
施設に合っているか相談したい。

【利用された方】
利用の中で気になっていることがある
日中の様子を教えてほしい
もっとこんな支援をしてほしい・・・ などなど。相談窓口としてお気軽にご利用下さい。
相談窓口 0774-20-4080(変わるかもしれません)担当者  堀田(苦情受付)  石崎

■カウンセリング

施設の利用者の中で、精神的なしんどさを抱えておられるがゆえに、作業場面や生活場面で様々な困難さを抱えておられる方に対し、時間を設定し、臨床心理士が主に心理学的なアプローチで、精神的しんどさや問題行動の緩和、人格的成長への働きかけを行います。本施設の利用者ならびにそのご家族は無料です。またショートの利用者ならびにそのご家族も無料です。また本施設の利用者以外の方も、本施設と利用契約(無料)を結んでいただくと無料でカウンセリングを受けていただけます(利用方法は応相談)。

■療育支援    ■個別支援   ■実習生の受け入れ  ■医療機関との連携

■相談支援センター kokua(コクア)

単身者の方や、ご家族が障害や疾病、または要介護状態にありサービス調整や支援が難しいご家庭を対象として、生活の中でお困りのことについて相談にのっていき、さまざまな福祉サービスとの調整や紹介を行っていきます。その際には、ご本人やご家族からの依頼を受けた上で、「サービス利用計画書」を作成していきます。家庭訪問や相談面接等を行う中で、生活全体をサポートしていけるように努めていきます。

お問い合わせ